LifeSphere

Nava

ArisGlobalの画期的なコグニティブ・コンピューティング・エンジンは、現実世界のオートメーションを医薬品開発ライフサイクルに提供します。

概要

ArisGlobalの独自のコグニティブ・コンピューティング・エンジニアリング「Nava®」は、LifeSphere エコシステム全体に織り込まれており、反復作業を自動化し、人間の意思決定を支援するソリューションのポートフォリオを広げています。Navaは、処理時間を短縮し、品質を改善し、コスト効率を提供するためのLifeSphereソリューションを可能にします。

  • エンドツーエンドの創薬プラットフォームを支える業界唯一のコグニティブ・コンピューティング・エンジニアリング
  • 世界トップクラスのライフサイエンス組織で構築・検証
  • 大幅な経費削減
  • 信頼性の高いデータ、コンプライアンスの改善
  • より良い意思決定を可能にする

LifeSphere Navaは、医薬品開発のライフサイクルにインテリジェントな自動化を提供し、医薬品安全性監視の変革に焦点を当てています。

Nava コア機能

  • 日常的な医薬品開発業務の自動化
  • 画像認識とコンピュータ視覚
  • 自動データ抽出
  • 自然言語処理と非構造化データ合成
  • 連続機械学習
  • 言語翻訳
  • パターン認識
  • データレイクとガバナンス
  • 予測分析

有害事象処理の効率化

導入初日から結果を提供

%

潜在的な症例入手および症例データ入力の効率化

%

自動化を通じた潜在的なコスト削減

%

グローバル規制および規制当局への準拠

現在多くのリソースを必要としている症例処理の分野においてLifeSphereプラットフォームのロボットによる高度な自動化機能およびコグニティブ機能がいかに多くの重要なPVステップを自動化できるかを認識してきました。

Claudia Lehmann

Head of PV Operations, Boehringer Ingelheim

業界リーダーとのパートナーシップで開発

業界リーダーとのパートナーシップで開発

Whitepaper

Cognitive Computing in Pharmacovigilance

お問い合わせ



*
*
*
*
*
*
*

*
*
「送信/ダウンロード」ボタンをクリックすると、アリスグローバルからのコミュニケーションにオプトインすることに同意することになります。